パナマ サンセバスチャン農園

パナマのサンセバスチャン農園を紹介します。

パナマはパナマ運河で有名ですが、人口380万人ほどで国土面積75,420平方キロメートルほどで北海道よりも小さな国です。中央アメリカの最南端に位置し、北はカリブ海、南は太平洋に面しています。丘陵地が国土の80%を占めており、低標高地では熱帯雨林が広がっています。気候は熱帯性で雨季と乾季に分かれているコーヒー栽培に適した環境です。

サンセバスチャン農園

生産国:パナマ共和国

生産地:ボケテ地区、バルミラ地域

設 立:1920年

標 高:1,400~1,500m

面 積:19.045ha

品 種:ティピカ、カツアイ

年間降雨量:3,000m

平均気温:15~22℃

収穫時期:10-5月

精製方法:水洗、自然発酵

原料(チェリー)ライン投入→フローター除去→パルピング→発酵

乾燥方法:天日パティオにて1次乾燥、仕上げに乾燥機を使用

1920年、アデルジャド・スアヂ氏はアラブからの移住に伴い、ドミンゴ・スアレスと改名し、コーヒー農園をスタートしました。スアレス氏の孫にあたるノルベルト氏、ドミンゴ氏、カルロス氏の3人兄弟が祖父母、両親の代から変わらないコーヒーへの情熱を継承し、栽培を行っています。

スアレス家は1989年から”バルー・インディアン・ハイ”のブランド名で、自社8農園のコーヒー豆を独自に精製・輸出を行っています。農園総面積270ha、この地区最大規模の農園として年間およそ5,300袋を生産しています。

8農園のひとつ、このサンセバスチャン農園はチョコレートのようなフレーバーが特徴的です。浅煎りよりは中煎り以降の方が甘みが増すと考え、焙煎度は4#に設定しました。

コーヒーらしいコーヒーといえばサンセバスチャン農園をオススメしております。コーヒーを選ぶ際の参考にしてください。

通信販売はこちらから!

グァテマラ エルコンスエロ農園

今、一番好評を得ているエルコンスエロ農園の紹介です。

 

エルコンスエロ農園(Finca EL Consuelo)

生産国:グアテマラ共和国

品 名:SHBエルコンスエロ農園

生産地:グァテマラ北西部ウエウエテナンゴ県クィルコ地区

設 立:1950年

農場主:Jorge Romeo Perez y Perez

標 高:1,500~1,800m

面 積:63ha(作付面積:56ha)

品 種:ブルボン(40%)、カツーラ(35%)、カスティージョ(15%)

その他ゲイシャなど少量

生産量:1,100袋(1袋=69kg)

収穫時期:12-3月

精製方法:フルウォッシュド

原料(チェリー)ライン投入→フローター除去→パルピング→発酵

乾燥方法:天日パティオ(7~10日)/ドラム式乾燥機を使う場合もあり(3日間)

輸出業者:Specialty Coffee Options社

農場主Jorge氏

グァテマラはとにかく安定していて良いコーヒーが多い印象があります。特にウエウエテナンゴ県クィルコ地区はグァテマラの中でも高い標高地なので気候条件が良く、マイクロクライメイトの影響で高品質のコーヒー豆が収穫されやすい土地です。

苦味も酸味も楽しめるようにひつじ珈琲での焙煎度は4#にしています。

柑橘系のフレーバーがはじけるので飲んでいて飽きないですし、時間がたっても経時変化が少ないのも魅力のひとつです。ギフトにしても好き嫌いの分かれにくいコーヒーなのでオススメです。

ひつじ珈琲のフレーバー評価はこんな感じです。エリート万能型ですね。

ぜひ豆選びの参考にしてみてください!

通販はこちらから!