コーヒーに合う水の考察

お客さんと話していると、コーヒーを淹れる際の水の選び方をよく聞かれます。そこで、誰でも簡単に実践して貰えるように個人的に普段からよく飲む市販の水を使って抽出実験を行ってみました。

さて、実験の条件を決めます。

抽出器具
  • ドリッパー ・・・ カリタ式台形ドリッパー
  • フィルター ・・・ ペーパーフィルター
抽出条件
  • 豆の量   ・・・ 12g
  • 抽出量   ・・・ 140cc
  • 抽出温度  ・・・ 90℃
  • 抽出時間  ・・・ 1分30秒(蒸らし20秒)
使用する水
  • メーカー   品名
  • コカ・コーラ 森の水だより
  • コカ・コーラ いろはす
  • サントリー  南アルプスの天然水
  • キリン    アルカリイオンの水
  • キリン    ボルビック
  • ダノン    エビアン
  • イオン    炭酸水

同条件で抽出した溶液を口に含み評価しました。あくまで個人の意見ですが、以下結果を書きたいと思います。

森の水だより

  • 硬度  31.9
  • ph   7.7
  • 採水地 宮城県
  • 評価・・・ソフト酸味でクリーミーな印象
  • 点数・・・9/10

いろはす

  • 硬度  30.8
  • ph   6.9
  • 採水地 山梨県
  • 評価・・・エッジの利いた重めの酸味、果実感。
  • 点数・・・7/10

南アルプスの天然水

  • 硬度  30.0
  • ph   6.7
  • 採水地 山梨県
  • 評価・・・果実味はあるが、軽い酸味。クリアな印象。
  • 点数・・・9/10

アルカリイオンの水

  • 硬度  59.0
  • ph   8.8 ~9.4
  • 採水地 静岡県
  • 評価・・・渋みを伴うエッジのある酸味。
  • 点数・・・4/10

ボルビック

  • 硬度  60.0
  • ph   7.0
  • 採水地 フランス
  • 評価・・・レモンのような鋭い酸味。香りが変わる。
  • 点数・・・3/10

エビアン

  • 硬度  304.0
  • ph   7.2
  • 採水地 フランス
  • 評価・・・香りがなくなる。白コショウのよう。
  • 点数・・・1/10

炭酸水

  • 硬度  -
  • ph   -
  • 採水地 -
  • 評価・・・よく膨らむ。安いアメリカンコーヒーのよう。
  • 点数・・・1/10

いくつか意外な結果が出ました。硬水は使わないというのは定説でしたが、味、香りがなくなるとは思いませんでした。また、二酸化炭素の含有量がコーヒーの風味に影響を与えるとの噂を聞いたので炭酸水には期待していたのですが、全くの期待外れな結果に終わりました。

ひつじ珈琲ではお店の味のイメージに合う「森の水だより」を選びました。お出汁のようなコーヒーを目指しているので、やわらかさに優れている点でいいな、と感じました。果実味が好きな方は、南アルプスの天然水がいいかなと感じました。

今回はコーヒー豆を浅煎りの豆にしました。豆によって結果は変わると思うので一概に言えませんが、上記のような結果になりました。

ミネラルウォーターとしてはどのお水もお世話になっているので、甲乙つけがたいですね。

今後は、お湯の沸かし方での味の違いを試してみたいです。伝導熱で温めたお湯と対流熱で温めたお湯で味に変化があるのか、とても興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)